KUNNEスマホケース通販サイトはこちらへ

スマホに入れておきたいハザードマップアプリ

スマホにハザードマップアプリを入れよう
日本では近年自然災害が、非常に増えています。そんな自然災害に備えて準備しておきたいのがハザードマップです。このハザードマップとは、自然災害が起こった場合の被害予測や、被害の程度、あるいは予想される災害の発生地点、災害が発生した場合の避難場所や避難経路などが示されているもののことを言います。

各自治体などでもこのハザードマップが作成されています。洪水、土砂災害、津波など様々なリスクに備えてハザードマップを確認しておくようにするのがおすすめです。

ハザードマップは各自治体のホームページなどからPDF形式のファイルでダウンロードすることが出来るのが一般的です。印刷して家の目立つところに貼っておくようにすると災害発生時などに役立ちます。

その他にもスマホアプリとしてハザードマップアプリがあります。洪水、津波、避難所などに関するハザードマップアプリが提供されています。このようなハザードマップアプリをインストールしている人はあまりいないと言われています。しかし、いつ自然災害が起こるのかわからないので、万が一に備えてスマホにアプリを入れておくようにするのがおすすめ。

おすすめのアプリについて
万が一の自然災害の際に役立つアプリはたくさんあります。その中でもとくにおすすめなのが、震災時帰宅支援マップ首都圏版、特務機関NERV防災、東京都防災アプリ、防災情報全国避難所ガイド、goo防災マップなどのアプリがありとても有効です。

このようなアプリは普段使用することはあまりないでしょうが、やはり万が一の時にスマホに入っているのと入っていないのとでは状況が異なります。アプリは多くの場合無料で使用出来るので、スマホに入れておくと安心です。

今まではこのような防災アプリの存在を知らなかった、知っていたけれどインストールしていなかったという人が多いでしょうが、これからの時代はスマホに必ず入れておくべきですよ。

まとめ
いつ起こるかわからない自然災害に備えてハザードマップを確認しておくことが非常に重要です。また、ハザードマップや防災アプリなどはスマホにインストールしておくようにしましょう。万が一の際にこのようなアプリがあるのとないのとでは安心感が違います。多くのアプリは無料で利用することが出来るので、大きな負担にもなりません。スマホを利用している人は、必ずインストールしておくようにしましょう。

参照サイト https://disaportal.gsi.go.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました